トップページ | 2008年4月 »

1/100エンタープライズ 第2船体部分の製作

機関室やシャトル格納庫がある第2船体部分の製作をします。

 1/100スケールエンタープライズの製作には今回、予算や模型完成後の重量等を考慮して、D.I.Y.ショップ(直訳:必要なもんは売るから勝手に作れショップ)などで販売しているスタイロフォームを使用する事にしました。

 この素材、以前から注目していましたが使用するのは今回が初めて。ドキドキワクワク♪

 

 お店の人曰く「発泡スチロール用接着剤で十分です」との事なので、早速お徳用の缶を買いました。この接着剤、かなり強力です(写真ではコンクリート下地木工事用となっていますが、説明書きには一応発砲スチロールもOKとなっています)。

 接着剤には「素材を溶かして接着する物」と「素材を溶かさずに接着する物」があります。今回購入したものは素材を“溶かさず”接着する物でした。

 

 円筒形を作る前にまず、直方体を作ります。左は接着剤乾燥待ち。
 「素材を溶かさず接着する」接着剤を利用したため、後の削りだし作業がかなり大変になりそうな気がします(汗)

 

 直方体を作ったら、いよいよ円筒形の製作に入ります♪直方体の角を落として上面・下面の形を目安に正方形から正多角形にし、最終的に円形にするという作戦です。左写真は正八角形にしたところです。
 この削りだしの際、電動サンダーをしようしたんですがスチレン塵が舞うわ舞うわ。肺がやられそうでヒヤヒヤもんです。防塵マスク買っといて良かったぁ~。


 機関室やシャトル格納庫がある第2船体部分の製作をします。

 正八角形になった第2船体。ここから更に表面を削り落とし、円にしていきます。
 この作業、結構大変です(汗)

 

 左は正八角形を円にしたところ。ここまで来るのはかなり大変でした。次に、なんと大胆に第2船体を半分に割ります!!
 ほんと、大胆です!失敗が許されません(汗)

 

 そうしたら、各部の加工に入ります。一応、第2船体前面は中間地点と比べて段々円が小さくなっていくので、第2船体主部とは別に製作する事にしました。左は、第2船体全体から第2船体前面部分を切り取った様子です。

 なんだか接着が甘いところもあるようで、切削時にかなりボロボロ剥がれる箇所があります。この辺の修正も後日・・・。

 

 さらに第2船体の中をくり貫いちゃいます!!これが一番大変でした。この中には後に電飾や、第1船体と第2船体を繋ぐ木製フレームが入るので、そのスペースを確保しなければなりません。

 くり貫いた後は、船体前部に左・右・下の3箇所ある凹みを再現します。まず、切断する部分に線を引きます。左写真は線を引いた状態。
 やっとここまできましたか・・・最後まで気を抜かないように!!

 

 切断後の様子。うまく予定の箇所を切断することが出来ました♪この後、切断した部分に別のスタイロフォームをはめ込みます。

 コンスティテューション級宇宙船って単純な構造に見えますが、模型を製作する場合は結構大変な部分が多かったりします。

 

 第2船体の左右を合わせて仮組みした様子。


第2船体後方にあるシャトル格納庫の製作をします。

 まず第2船体となる円柱を半分に割ります!!そうしたら、中をくり抜きます。この、「円柱」をくり抜いて「円筒」にする作業が一番大変です。

 最初から中を抜いた状態で作っても良かったんですが・・・いろいろあってこの方法をとりました。次にいよいよシャトル格納庫付近の製作です。まず格納庫下にあるエンタープライズ特有のR(アール)を削り出します。左の写真はその様子です。
 それにしても、「円柱」を「円筒」にするのは大変だったなぁ~。

 

 写真左がR加工前、写真右がR加工後。
 「円筒」の状態での加工は大変なので、はじめに第2船体を思い切って割ったというわけです。

 

 R加工後の様子を別アングルから。なかなか良い感じです♪

 

 もう一つもR加工をして仮止めをします。その後、仮止めをした状態でサンダーをかけたりして、形を整えます。
 このR加工をするだけで、エンタープライズにぐっと近づいた気がします(^^)

 

 2つともR加工を終えたところ。この後、格納庫シャッター部分の製作・加工に取り掛かるわけですが・・・その加工を始めたところで大変なミスを犯している事に気づいてしまいました。

 上の写真をよくご覧下さい。もしこのまま製作を続行すると、格納庫シャッター部分がかなり小さくなってしまいます。これは、材料を切断するための線を引く場所を間違えた事によって発生した事故でした(涙)このまま加工を続けようかどうかを迷った後に私が出した結論は・・・「加工し直そう!!」。やはり製作している物が巨大模型なだけに、このミスを修正せずにはいられませんでした(^^;

 

 中心線(中心軸)より上に3cmずれて加工をしてしまったため、余分な突起物を切断、改めて3cm下に突起物を作り直す事にしました。左写真はその様子。この後、削り出し&修正を行います。

 いやぁ~、この修正は懸けでした(汗)失敗したらどうしようかと・・・。でもなんとか修正出来たようなのでホッとしました。それにしても、3cmの違いって大きいなぁ~。

※製作過程の写真は、すべて私、ひろしに帰属します。無断でコピー・転載することを禁じます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/100エンタープライズ 第1船体・円盤部分の製作

 ブリッジドーム及びフェイザー・光子魚雷発射口がある第1船体部分の製作をします。

 1/100スケールエンタープライズの製作には今回、予算や模型完成後の重量等を考慮して、D.I.Y.ショップ(直訳:必要なもんは売るから勝手に作れショップ)などで販売しているスタイロフォームを使用する事にしました。

 この素材、以前から注目していましたが使用するのは今回が初めて。ドキドキワクワク♪

 

 早速、スタイロフォームに円を描きます。左の写真は円を描く前の記念撮影。
(ちなみに写っている人は私ではなく、サークルの先輩Aです)

 円を描くのに巨大コンパスを作りました。その際に半径の数値を見て、今回の模型はかなり巨大になる事が手に取るように分かりました(汗)

 

 円を描き終わったところ。写真に一緒に写っている手がこの大きさですから、円盤部はかなり大きいです。この後、円を削り出します。(ここに写っている手も先輩Aです)

 

 削り出したら、サンドペーパーなどで形を整えていきます。(作業者:先輩A)

 一枚のスタイロフォームから円を切り出す事は不可能だったので、円を作るのにすタイロフォーム二枚を必要としました。ただ、二枚を貼り合せて一つの円を作るのは、正直ちょっと心配です。

 

 円が出来たところでイメージトレーニング?エンタープライズ完成をしっかりイメージして今後の模型製作意欲を高めます(笑)

 このあと、材料費節約などのため、製作した円盤の中心をくり抜き、ドーナッツ型にします(もったいない!)。そしてくり抜いた円盤は、上部・下部の山に使用することにしました。
 いやぁ~、左の写真を見ただけでも「エンタープライズ!」って感じが出てますね。完成が楽しみです♪

 

 同じ円を、厚さを変えて三つ製作します。左は最初に製作した円を型紙(紙?)にして、別のスタイロフォームに円を描いているところです。

 

 上部・下部の山に使用する円も切り出したところで、またまたイメージトレーニング♪写真は円盤部を左斜め下から見上げた様子。実に良いアングルです。

 (またまた登場、先輩A。今度は先輩Bも登場。そして更には出前のお兄ちゃんまで・・・)

 

 真横から見た様子。なんだか「デジタル出力された円盤部」みたいになっていますが、この後、削りだし・ヤスリがけなどをして凹凸を少なくしていきます。


 続いて、第1船体部分・凹み部分の製作をします。

 写真は第1船体・円盤部分下部の様子。エンタープライズの円盤部下部は、写真のように単に山が付いているのではなく、山の麓に凹み部分があります。ここではその凹み部分の製作について紹介します。

 もしかしたらエンタープライズ製作で一番難しい部分の製作かもしれません!!

 

 作業効率化のため、本来なら強度面重視にする部分ではありますが、大胆にも作成した円盤を更にパーツ分割します。(写真は円盤部・パーツ分割前のもの)

 凹部分を作るという事は、それだけスタイロフォーム素材の厚さが薄くなるという事です。かなり恐ろしい作業ではありますが、作業効率化のため!あとは今後の設計に掛かっています(汗)

 

 パーツ分割後。大小様々なドーナッツが完成~。こうする事によって凹を作る部分がハッキリ分かるようになります。あとは凹み部分を作る2パーツを削り出し、傾斜をつけていきます。

 

 凹パーツの削り出しが終わったら、軽くヤスリ掛けをした後、各パーツを接着していきます。写真は、接着し終えたところのものです。

 写真では凹部分が分かりにくいのが残念です。この後、本格的な削り出し・ヤスリがけ作業を行う予定です~♪

 ブリッジドーム及びフェイザー・光子魚雷発射口がある第1船体部分の製作をします。

 左は第1船体上部のイメージです。
 いやぁ~、完成が楽しみですなぁ♪

 

 第1船体上部の小山製作は、削り過ぎて急な傾斜が出来てしまったため、100円ショップで購入した粘土を盛って傾斜を緩やかになるよう修正する事にしました。左はその様子。

 大学近くにある100円ショップで、白色粘土を数個購入、粘土が足りなくなり再び粘土を購入することに・・・しかし白色は売り切れ、仕方なく黒色粘土で盛る事にしました。それにしても、黒色だと、どこが綺麗でどこが凸凹が激しいのか、黒色は光を吸収するため、仕上がり状況が掴みにくいのが問題です。

 

 第1船体上部となる一番上のスタイロフォームは厚さ2cmですが、約5mm程厚いので上部円盤の厚さを、全体的に5mm減らします。

 何しろ直径130cmの円盤の厚さを一定数値まで薄くするってんだから、かなり精度が要求される大仕事!!この作業は製作飛び入り参加の方が担当してくれましたが、ほんと見事に厚さを均等にしてくれるという、素晴らしい仕事をしてくれました♪

 

 円盤上部の電飾発光部分に穴を開け、塩ビ版を貼ります。
 塩ビ版の厚さを考慮して製作しないと、段差が生じてしまうので注意が必要です。


※製作過程の写真は、すべて私、ひろしに帰属します。無断でコピー・転載することを禁じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

 

はじめに

 

 『スタートレック』って何だろう?『スタートレック』を見てみようと思うんだけど、どんな話なの?

 『スタートレック』は、アメリカNBCテレビで、1966年から1969年にかけて3シーズンまで放映されたSFテレビドラマです。『スタートレック』の世界は23世紀。人類が月に到達してから400年(本当は200年)・宇宙暦0401年、地球連合政府・宇宙開発局(宇宙艦隊)に所属する宇宙船・エンタープライズ号が、人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立つというお話です。登場人物は、宇宙艦隊史上、最も若くして船長になったカーク、バルカン人と地球人の混血であるスポック、船医のマッコイ。その他、操舵手・加藤、技術主任・チャーリー、通信士・ウラ、ナビゲーターのチェコフなど、個性的なキャラクターが登場する。

 1966年当時はSFに関心がある人は今ほど多くはなく、視聴率低迷で、また特撮シーンのコスト高のため、3シーズンで打ち切りとなった。しかし、放送終了後、ローカル局などにフィルムが売られ、再放送されるにつれて人気が出てきて、そして1969年には人類最初の月着陸船・アポロ11号が月面に着陸したことから、宇宙を舞台にしたSFドラマ『スタートレック』が大ヒットするのであった。
 ここに目をつけたパラマウント映画は、「映画化できる」と考え、現在まで10作に及ぶ劇場版が製作された。そして、テレビシリーズも最初のオリジナルシリーズ以外に4シリーズ製作された。

 このホームページで取り上げている『スタートレック』は、シリーズ原点とも言うべき最初のオリジナルシリーズである。日本では1969年から1974年に日本テレビ・フジテレビ系列で『S.0435年宇宙大作戦』『宇宙大作戦』『宇宙パトロール』という題名で放送された。

※ただし、一部地域では『新・宇宙大作戦』という邦題で放送された。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の宇宙船へ

 

伝説の宇宙船へ



 私が「宇宙大作戦/スタートレック」のファンになり、あの有名なエンタープライズ号に乗船する事になった経緯を語るには、1960年代にタイムスリップし、1世代前の話をしなければなりません。


 当時、
私のは高校生。日曜日の夕方、日本テレビ系列で「S.0401年 宇宙大作戦」という番組がやっていて、たまたまそれを見た
親が「面白い!」と思い、毎週見るようになりました。それから何年も経ち、結婚して、静岡に引越しすることに・・・。

 私が
保育園に通っている時でした。当時、静岡では深夜、けんみんテレビ(現=静岡朝日テレビ)で「宇宙大作戦」を再放送?していました。その時、高校時代にそれを見た事のある親はもちろんビデオに録画。そのビデオを私が見る
・・・という形で私はまず、宇宙艦隊に入隊(!)する事になるのです。

 
物を作ることが好きであった私は、小学生になると、工作クラブに入りました。そして、バルサ素材(木材)で、エンタープライズ号の模型を作ったりました。そして一番嬉しい事が起こるのです。「宇宙大作戦」のLD化です!!その情報を手に入れると、すぐに親にねだりました。「LD買ってぇ~!」・・・答えは「だぁ~め!」。当然です。LDはBOXのみの販売で、第1シーズンだけで定価:7万円
もしました。
期間限定生産ではありましたが、しょうがなく諦めました。

 
中学生
になると、家族の中ではもう親を越して自分が一番のスタートレックファンになってました。
東京・秋葉原に出かけた時、小学生の時の記憶が読み覚まされました。なんと、期間限定生産であったはずの、あの
「宇宙大作戦」のLDが、売っているではあぁ~~りませんかぁ~!!ほしい!ほしい!!何とかしてほしい!!!!・・・でも、第1シーズンはビデオ(1本9800円!)で発売されている。第2シーズンは親がビデオに録画したのがある。そういった考えで第3シーズン
を、お年玉を貯めて買いました!!もう感動でした、その時は!!・・・その時は。

 
第3シーズンは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ファンの間であまり評判が良くないシーズン
なんです(これは私が決めたことではありませんが)。内容も、カーク船長が毎回違う女の人と!という感じで、正直、内容はイマイチでした。
でも、初めて登場するクリンゴン船を見れたりして、自分の中では満足でした!しかも映像が鮮明できれい!!
音声もグッド!!これを見ちゃったら、第1・第2シーズンも集めないわけにはいかない!!・・・その為に、
数年間分の御正月のお年玉を費やした
のは言うまでもありません。

 ただ、そんなLDにも欠点というものがあります。テレビでは日本語音声(補い)があったのに、その部分がカットされた部分として英語に切り替わったりする所があるのです。(昔の海外ドラマは、放送時間枠の違いの関係でほとんどのものは日本でカットしている)
あと、これはオリジナルマスターテープの問題で、「怪獣ゴーンとの対決」の一部の映像がすっかり消えて編集されているという事です。これにはショックでした(後に発売された「宇宙大作戦・完全版」ビデオでは復活してます)
LDで第1シーズン「宇宙の帝王」を見た時は、若いカン(!)を見る事が出来てとても嬉しかったです。たまたま私の家にはこの回のビデオがなく、私は「スタートレック2/カーンの逆襲」しか見た事がなかったので、見れて本当に嬉しかった!!結局、TV版のLD-BOXを全て揃えました。こうして、エンタープライズ号に乗船(?)する事を認められたわけですが、私に新たな任務が!!

 「・・・劇場版は?」そうそう、まだ劇場版(1~6)の日本語吹替版LD-BOXが残っていました。
このBOXももちろん揃えました♪しかし、残念なことが!!4作目以降、全て声優さんが違うのです。
もちろん、原語版で見るのも好きです。しかし、日本語版に親しんでいる私としては、オリジナル声優バージョンで見たかったです。確か、4は新録音されたのがあったはずだけど・・・。すべて初放映版の音源を使用したLDでした。でもこれはこれで楽しめたので、購入して本当に良かった!・・・ちょっと紹介が入ってしまい、予定のコースをそれてしまいました。コース変更!

 もうひとつ。中学時代も、クラブは小学校時代と同様に物を作るクラブに入り、エンタープライズ号のブリッジの模型を作りました!しかし、ベニヤ板で作ったため、細かいところを再現できず、残念な結果に終わりました。

 高校生の時は、「スタートレック」のファンクラブに入りました!ひゃっほい♪
そして、高校の部活は美術部に入りました。そこで中学時代に製作したエンタープライズ号のブリッジの模型の改造をしました。
・・・というより、新造?この時はベニヤ板をやめ、加工しやすいボール紙に切り替えました。しかし、中学時代に作った土台が設計ミスであったため、本物のように上手に作れず、結局未完成に終わっています。こうして、現在、私は大学生になり、どこか(?)で生活しています。←何せ宇宙空間なんで今何処にいるのか(笑)

 まぁ~、こんな流れで、エンタープライズのカーク船長に認められ、中尉にしてもらった(?)という事です。(ウラちゃん・加藤くんと同じ!)・・・全然、訳の分からない文章になってしまいましたが、この様にして、私は「スタートレック」のファンになりました。

・・・要約すると、
“親が「スタートレック」のファンで、一緒に見ていて自分もファンになった”という事です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所有書籍&CD紹介

 

スタトレグッズの紹介
トレッズ

 ここでは“「宇宙大作戦」ファン=トレッキー”である私が所有しているお宝グッズ、“トレッズ”を紹介します

 

書籍

 宇宙船の設定や模型の写真が多く載っているものを中心に集めています。

スタートレック/
宇宙艦隊科学技術マニュアル(洋書)

 趣味の模型作りのために購入した本です。
ただ、かなり矛盾点があるので結局自分で計算し直さなければならないというオチがあります・・・(涙)
とはいえ、かなり役立ってくれて良かったです♪
スタートレック メカニクス (岸川 靖 著)
 メカファン必見の本です!私の夢が模型製作スタッフあるいはその系統の職業に就く事なので、実際にテレビで使用した模型写真などが載っているこの本は私の家宝!とにかくオールカラーでお得な1冊です。
スタートレック/オフィシャル ガイドブック
 「新スタートレック」のオフィシャルガイドブックです。
とはいえ、オリジナル「宇宙大作戦」の写真が載っていたから購入したのですが・・・(汗)新シリーズも勉強しようと思いましたが、そのままです(爆)これからです、これからっ!
スタートレック/
オフィシャルガイドブック<増補改訂版>

 左本の増補改訂版です。「新スタートレック」以降の
シリーズについても触れています。「宇宙大作戦」以降も勉強しようと、今回は本当に「新スタートレック」目的で買いました!
週刊スタートレック~ファクトファイル~
 デアゴスティーニ社から発売中!
私は日本語でスタートレックの雑誌を読めるとは思ってもいなかったのでファクトファイル発売は本当に嬉しかったです。今後も日本でスタートレック商品が発売される事を祈っています。
準備中 準備中



CD

 基本的に「宇宙大作戦」の劇中で使用されたオリジナル音源収録のものを集めています。

準備中 準備中
CDの並び順からここにくるのはあれだっ!

スタートレック 第2集
 第2シーズン「宇宙の巨大怪獣」「バルカン星人の秘密」の2曲収録。特に前者は以降の話に頻繁に使われるようになります。オリジナル音源ステレオ♪

宇宙大作戦~スタートレック/
TVシリーズVOL.3

 第1シーズン「おかしなおかしな遊園惑星」「魔の宇宙病」の2曲収録。この2曲も他の話に頻繁に利用されています。嬉しい1枚です♪
“スタートレック”サウンド・エフェクト集
 劇中で使用された効果音を集めたCD!実は小学生の時、初めて「宇宙大作戦」のCDがあると知って買った物ですが、音楽CDと勘違いしていました(爆)
ベスト・オブ・スタートレック
 スタートレック30周年を記念して発売されたCD。例によって「宇宙大作戦」音楽目当てで購入しました。「新種クワドトリティケール」で使用した音楽を収録。
ベスト・オブ・スタートレック VOL.2
 「謎の球体」「宇宙基地SOS」「宇宙軍法会議」で使用した音楽を収録。店頭で発見して即購入しました。しかし!実は輸入物でした(爆)


 現在このページは改装工事中です。このページにあるもの以外のグッズについては今後少しずつ追加していく予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理人室

 知ってる人も知らない人もオハコンバンチハ!!管理人・ひろしのプロフィールです。

 

CA330115_02.JPG

 

名前: ひろし

年齢: 20歳位

精神55歳位?同世代の人との会話にジェネレーションギャップがぁ _| ̄|○

職業:会社員

…ま、今後に期待という事で(^^;

出身地: 静岡とかいうところかも…

個人的には現在住んでる都会の方が暮らしやすい。模型材料も豊富だし~♪

性格: 明る…かった!

いつも駄洒落などを考えている。親父ギャグ大好き。

趣味: 模型製作、映画鑑賞、効果音作り、エレクトーン演奏、絵画、etc.

※趣味が多いのも良いけどサークルなどで利用されやすいので注意!

好きな言葉: 長寿と繁栄を

(スポック中佐・バルカン星人の言葉)

将来の夢: 本場アメリカに行ってSF特撮スタッフとして活躍する事…だった!(汗)

2006年の就活時に円谷に電話したら「採用してません」って言われ(以下略) 無理かなぁ(^^; 近年、模型の出番すらないし _| ̄|○

こんな感じの私ですが、管理人としてがんばっていきますので宜しくお願いします。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

更新情報

2008年03月20日  プロフィール公開 管理人室

2008年03月20日  試験公開開始

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年4月 »