« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

航星日誌 宇宙暦 0442.0628

 「スタートレック/宇宙大作戦」初放送時の日本独自オープニング(映像は現存しない…とされている)個人的に再現してみようと思い立ってから早十年(汗)パソコン等のデジタル機器の発達により、この数年で飛躍的に進み8割程度まで粗編集が完成したのですが、プライベートで色々あった影響で この1年位編集がストップしていました。
 幸か不幸か、やっと最近になって時間に余裕が出来た事もあり、この度 約半年ぶり(?)に映像編集の続きをしました。今回は
火花シーンの再現です。

これは、
初放送時の火花シーンです。

 左上から右下に向けて火花が動いていたものと予想されます。当時放送されていた他の番組の日本独自オープニング「スパイ大作戦」等から、現代から考えると それ程 凝った演出ではない(当時のスタッフの皆さんは勿論ベストを尽くされた事と思います。スタッフの皆さんの名誉の為に一応書いておきます…)、当時手に入るものでの撮影という事から、普通の手持ち花火を使用する事にしました。

 いざ、手持ち花火を購入。と思ったものの、その時期は確か昨年11月頃。真冬である。花火を売っている場所がかなり限られていたため、自宅周辺から最寄で一番購入出来る確立が高そうな浅草橋まで足を運ぶ事に。某店にて店員さんとも相談をしてたりして、手持ち花火セットを購入。いざ、花火素材の撮影へ!と思いきや、東京近郊は近年、花火が出来る場所が激減。普通の公園や河川敷でさえ「火気厳禁」と表記されている御時勢。しかも季節外れ。更に何人かで撮影していれば問題なくとも 一人で花火に着火&撮影なんてしていたら怪しさ倍増…という事で、極度なチキンである私は ひとまず撮影を中止 orz

 年明け、つまり今年、実家へ帰省する機会があったので、この時と ばかりに実家の庭で撮影する事に。手持ち花火固定装置(って、ダンボール製ですけど…汗)を作って持っていったんですが、微妙な差ではあるんですが、なかなか思い通りの曲線軌道を描く火花が撮影出来なかったので急遽、
家にいた母親に手持ち花火を持ってもらい、色々なアングルから撮影。結果、思い通りの画が撮影出来ました。撮影した花火素材をパソコンに取り込み、余分な部分を消すためのマスクを被せ、背景と合成するための合成素材を新たに製作。そして、背景と合成素材を重ねて、花火シーンが(ひとまず)完成しました!

こちらが
今回再現した、花火シーンです。

 若干色合いが違ったり、火花が違ったりというのは御愛嬌という事で。あくまで “初放送時を知らない若者26歳が、放送当時の雰囲気を映像で再現して感動する” というのが目標なので…(^^;

 今後は微調整を繰り返しながら、「S.0401年 宇宙大作戦」のロゴが登場する直前の
“丸っこい光の数々が画面に迫ってくるシーン”の再現をしたいと思います。大体それっぽく撮影するための構想は練ったので、材料を揃えれば比較的早い段階で撮影に挑めそうです。

というか、それよりも早いところ
第2種 電気工事士 技能試験 の勉強をしろ、自分!(苦笑)

※ 余談ですが… ※

 それにしても、「スタートレック/宇宙大作戦」の日本独自オープニング映像は本当に残っていないのだろうか。あの
「スパイ大作戦」だって放送当時の日本独自オープニング映像が残っていて、ビデオ化する際にマスターと思われる綺麗な映像を使用していたのに…(DVDには未収録)。それに、「スタートレック/宇宙大作戦」の日本独自オープニングは噂によると80年代再放送時の米国準拠版オープニングに差し替えられるまで、割と見る事が出来たとか。当時から熱烈な視聴者だった ある方と以前お話しする機会があったのだけど、ビデオ録画した事もあるとか。残念ながら諸般の事情で その方と接触する機会がなくなってしまったけど…(涙)もしそれが事実とすると…、家庭用ビデオ機材が普及する頃まで日本独自オープニングが残っていたという事は、単にフィルムを探していない(探す気がない)、又は、日テレ版「(旧)ドラえもん」然り、単に日の目を浴びる機会がないというだけで本当は現存するのではないか、と勝手に思う今日この頃です(ちなみに旧ドラえもんのフィルムは現存しないとされていましたが、後半16話が現像所で発見され保管されているそうです。以前、教養番組「特命リサーチ200X」(既に終了)で再放送しようとした事もあるそうですが、アニメ製作会社が解散していること、また、権利者不明等の問題があり地上波公開できないみたいです ※ wikipedia より)。
 もし日本独自オープニングのフィルムが残っているのであれば、
リマスタリングしてスタトレ関連のDVDに特典で入れれば買うのに…。って、もしそういう展開になったら、今自分がしている再現企画はパーになってしまいますけど…orz それはそれで悲しいなァ…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

航星日誌 宇宙暦 0442.0615

 か~な~り 久しぶりに宇宙暦表示をしてみました。今では自分のサイトや このブログですらこの表記をする機会が減りました…(汗)

 えっと、ちなみに この表記については御存知ない方にとってはマニアックな話になるんですが、私のお気に入り海外SF作品「スタートレック/宇宙大作戦」が放送された
1969年を宇宙暦0401年として、今年で42年目なので+41年で0442年とした…という、ただそれだけの お話です。まぁ、本ブログ及びサイトがスタトレ主体であるという事で…(^^;

余談はさておき。

 実は私、
第2種 電気工事士を受験してみようと4月頃に申し込んでいたんですが、職場で色々とありまして、申し込んだ事を すっかり忘れていたんです。そうしましたら、ある日届いた受験票を見てびっくり!筆記試験日が思っていた日より1ヶ月半も早かった事に気づき、しかも それに気づいたのは試験日1週間前という状況…orz いやはや、筆記試験日を筆記試験合格後に行なわれる技能試験日と勘違いしていたんですね(爆) え~ん、毎年1回しか受験チャンスがないというのに、もう間に合わねぇ~!!と涙目になりながらも残された1週間、必死こいて詰め込めるだけ詰め込み、筆記試験に挑みました…。

 そして試験日の夜。試験の手ごたえがビミョ~だったとガクガク震える私に上京中であった母親が大沢親分並みに渇。「
過去の事を悩み続ける位なら すぐ結果をチェックしてスッキリした方が良いんでない?」という母親の言葉に、恐る恐る自己採点してみる事に。そしたら何と! 意外や意外、もしかしたら筆記試験、通るかもしれないという事に気づきました(嬉) ひやぁ~、ダメ元でも やってみるものですね!神様 仏様 御先祖様 母上様、本当に有難う御座いました!

 という事で6月8日(火)は上京中であった母親を品川まで送り、一旦蒲田まで戻って所用を済ませた後、神保町へと足を運ぶという、
どちらかというとインドアだと思う自分としては何気にアクティブな一日でした。 神保町へは、技能試験の参考書を購入しに行きました。

 私は機械工学科出身(というのは名ばかりで、何故か工業デザインを扱う研究室に入っちゃったんですけどね…汗)で、電気関係は教職課程に必要な単位として1科目取ったのみで全くの畑違いのため、チンプンカンプン。そんなわけで、問題解答集とは別に、DVD付の入門書を購入するかなぁ…と思ったら!問題集のDVD付版も売っているではないか!って、う~ん、DVD付問題解答集、個人的に解説が物足りない…っていうか、全編モノクロだし、フルカラーでより細かく解説されている方がいいよぉ~~!!という事で“金銭的に”悩む事数十分(←悩みすぎ)。結局3つ まとめて購入する事にしました。本だけで6千円もの出費ですorz まぁ…実技の動画なら某動画投稿サイトに沢山あるというのは知っていますが、その話は ひとまずナシの方向で…(苦笑)

 6月9日(水)は、オタッキーな街・秋葉原へ行き、技能試験に必要な工具と練習セットを買ってきました。いやはや、前日の参考書6千円出費に加え、この日は
諭吉さんが3枚程旅立って逝きました…orz




ヒヤァ~~~~~ ア~~~アアァッ♪
(↑日テレ版旧ドラ テーマ曲のつもり…謎)



 そんで、何が大変って…ただでさえ お金がないのに出費が重なったのも そうなんだけど、

…電線が重っ!!

 部品だけなら それほど重くないんだけど、
電線がっ!!ケーブルがっ!!とにかく重たい!!そんでもって、購入した お店で商品を大きい紙袋に入れてくれたのは良いんだけど…持つ部分が細い紙紐で出来ているから手に食い込む!!

 
ヒーヒーフーと言いながら電車に乗り、大森駅前の百均に寄って、バスで帰宅。いやはや、どこかで昼飯でも…なんて余裕は ありませんでした。とりあえず家に帰るんだ!!という気持ちで いっぱいでした。

 さて、工具と材料は一応揃いました。
あとは練習に励むのみなんですが、そういう気持ちを どこまで強く保てるか、それが今後の課題です(苦笑)


 余談ですが、練習セットを買う時、「第2種 電気工事士 練習セット」と書いてある籠に何も置いてなくて、近くにいた店員さんに在庫があるのか聞いたら「今 丁度作っているところです。」なーんて言っていたんだけど、結構売れているのかなぁ…。初心者が自分で工具や材料を一つずつ探しながら購入していくより手っ取り早いもんねぇ。


以上、相変わらず まとまりのない独り言でした。スミマセン!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »