« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

転職活動 続行中

 職場の人間関係に散々悩まされ、半ば強制的に休職させられた挙句、事業主都合で前職を退職してから未だに職が見つからず…。○ローワークの求人でデザイン系の職業に応募したいと思うも、経験欄に「フォトショップ等」との記載が。自分はフォトショップエレメンツは使っているんだけど、フォトショップは高価で手が出せず、使った事がない…。グレーゾーンでどっちになるか分からず、落ち込む私に、デザイン系の会社に勤める知人曰く、

「ひろちゃんほどの技術があったら十分だよ、一応フォトショの簡易版なんだしさ。
自分だって家ではエレメンツだよ。」と若干前向きになれそうな言葉を掛けてもらいました。

そんな中、ハ○ーワークの求人に応募してみたいカタログ製作関連の企業があり、ハロー○ークの職員に相談するも、経験欄にあるフォトショがネックになり、


“ハローワー○としては”責任がとれないし、求人を出している企業から“○ローワークが”指摘されるからダメ。」

と断られました…orz 要するに
求職者ではなくハ○ーワーク側が責任を取りたくないとも聞こえる意見を頂戴しました。偉そうに応募しろ応募しろと罵倒を浴びせるかの如く注意する割には、一か八か書類を送ってみようと考える求職者の選択肢を自ら狭めている気がするのは気のせいなのだろうか。送りたいんだって言っているのに…紹介状なんて貰わずに無視して自分で送れば良かった(涙) そう思っては発狂しそうになりつつもグッと堪えてると、続けて職員から応募件数について注意を受け、履歴書や職務経歴書の添削もアドバイザーによってコロコロ意見が変わるようだし、せっかく良くなってきた調子も また悪くなりそうな日々。っていうか、私を職○で働かせてくれ!と言いたくなる事がある。

そんな事はさておき。

 職員に選択肢を狭められる位ならと、ハロー○ーク以外にも自分なりに仕事を探そうとはしているんですが、この不況の中で、なかなか良い条件のところがない…。しかも私のような何の取り柄のない弱いダメ人間には尚更である。そんな
ダメ人間であっても、仕事したい。そんな中、先日、建築模型会社の求人を発見!自分にピッタリじゃないかい(たぶん)!しかも自分にとって好条件のところがあったので、募集フォームからメール応募して折り返し連絡を待っていたら…、


「ホームページの更新を忘れてました、すみません。」


と募集を締め切った旨を伝えれられ、テンション急降下… orz

 その会社のホームページは数日経った今でも
応募フォームがそのままです。きっと“私だけは”採用したくないのかなァ…と被害妄想に見舞われます…(涙)

他の展示模型会社も求人について一か八か聞いてみようとアタックするも、
「新卒・中途採用の予定は今後もありません」と続き……。

履歴書、職務経歴書を
送る前に拒まれる事が続くと、ほんと、自分に向く仕事ってないのかなァ…と思う位 落ち込みます。はぁ…。


誰か私に仕事を下さい!!


 
求職者の分際で条件が厳しいと お叱りを受けそうですが、一応 希望(希望はあくまで希望)だけは書いておきます。何千万、何億分の一かの確立で、どなたか心ある採用担当者の方が見て コメント欄にて お声を掛けてくれるかもしれませんし…(切実)


◆ 希望 ◆

希望職:広い意味で ものづくり関係!
(美術、造型、建築模型、各種模型、チラシ、カタログ作成 などなど)

勤務地: 東京都内 ※大田区から通える範囲なら!
雇用形態: 正社員
月給: 最低18万円以上 (最低、家賃と生活費が払えないとキツいんで…)
その他希望: 出来るだけ週休2日、
         でも
2月6日(日)だけは必ず休ませて下さい!

◆ 経験 ◆
・Photoshop Elements 5.0、ウェブアートデザイナー による画像切抜き、修正加工。
・EDIUS Pro 5 による映像編集・企業PR映像の製作(ナレーションも担当)。


という感じです。ちなみに取得資格は幾つかありますが、ペーパーなので役立つか微妙なところです。


◆ 資格 ◆
・普通自動車第一種運転免許
・教諭第一種免許状(中学校技術、高等学校・工業)
 
※新課程における講習(があるらしい)は未受講
・玉掛け作業者技能講習 修了
・フォークリフト技能講習 修了
・床上操作式クレーン技能講習 修了
・第二種電気工事士
※2010年10月交付予定

◆ 趣味 ◆
・図画工作
・模型製作
 ※ 参考(過去製作作品の一部)
・映像製作、映像編集 ※参考(過去映像作品の一部)
など

 玉掛け作業者以下4つは前職で自信を喪失した際、
“自分に少しでも自信をつけるため”に取得を目指したものなので、本来明確な目的を持って取得を目指したというわけではありませんが(一応 各技能講習は前職に関係ありましたが…)、自分がある程度 自然体でいる事ができ、結果的に資格が必要な仕事であったなら、 それはそれで一つの道として、良いかなァとも思っております。

 とはいえ、趣味が趣味なだけに、出来る事ならば
建築模型や展示模型、美術造型に関連するようなものづくりの仕事がしたいですが…この不況下で贅沢も言ってられず。私の転職活動は今後どうなるのか、9月中には仕事を決めたいところではありますが、もう半月経過してしまいましたし…不安で不安でいっぱいです。

今まで当ブログでは極力愚痴を含む内容は避けようと思っておりましたが、普段モヤモヤの捌け口もなく、思わず書いてしまいました。すみません m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ワンフェスへの道 その1

 先々月 参加申込をした ワンダーフェスティバル2011冬。 今回、念願であったディーラーとしてのイベント初参加を現実のものとするため、書類不備が無かったかなァ、この場合はどうすれば良いのかなァ、無事 書類は郵送出来たのかなァ などと極度の不安に見舞われては 実行委員会の方に問い合わせをしまくったりと、ビクビクした日々を過ごしておりました。そして先日…

実行委員会の方から
参加申込確認書 及び 当日版権受理通知書 が無事送られてきました!

↓こちらが今回郵送されてきた封筒です♪


↓そして こちらが
  参加申込確認書、当日版権受理通知書、実行委員会のお知らせ


 ディーラー名、販売予定の商品などの詳細については、当日版権本申請を許諾して頂いた後、お知らせします。私、自分に自信がなく極度の不安症なので、今回 イベント初参加で気合いを入れて申請したのにも関わらず もし万が一 許諾して頂けなかったら、一生 立ち直れない程落ち込むと思われるので…(涙) とにかく、無事に許諾して頂ける事を強く祈っております。


版権元 様、どうか許諾の程、宜しく お願い致します!!


 早いところ写真を印刷して書類を揃えて送らなくっちゃ!今回 気合いが入りすぎて各種申請用紙をコピーしては
申請内容記入見本を作成、記入漏れや間違いがないかを必要以上にチェックするという日々を過ごしております(苦笑) これだけ注意を重ねていてもミスは起こりうるものですから、要注意です。この努力が報われる事を祈ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

降車ボタン ゲットへの道 その3

 降車ボタンシリーズ第3弾!(苦笑) 先日、ゲットした2種類の降車ボタンを紹介しましたが、それよりも前に、某オークションでもう1種類、降車ボタンを落札しておりました。その降車ボタン(2個)がこの度、出品者様から送られてきたので御紹介します。

↓例によって開封前の状態


↓これが今回ゲットした降車ボタン(オージ製 WS-220)!


 今回手に入れた オージ製 WS-220 降車ボタンは、先日御紹介した WS-20 降車ボタンの後継器で、ボタン部分に「お降りの方はこのボタンを押してください」と表記されているのが特徴です。この表記が入ったバージョンは WS-20 と WS-220 の間をつなぐ WS-210 (参考に こちら こちら という型番の降車ボタンから存在していますが、全体的にプラスチック成形で銀色メッキが施されておらず、個人的に WS-20 や WS-220 と比べると若干チープな、安っぽい印象を受けます。そういう意味では、大好きな WS-20 の次に、この WS-220 が豪華な感じがして好きです。あくまで個人的な感想です、あしからず(笑)

↓この数日間で手に入れた降車ボタンたち
  左から、レシップ製 KSP-040、オージ製 WS-20、オージ製 WS-220


 ほんと、降車ボタンと一言で言っても、色々な形状、種類があるんですねぇ。降車ボタンを自分の手元に置いておける状態(いつでも好きな時に押し放題!)になった事を、改めて嬉しく思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

降車ボタン ゲットへの道 その2

 先日、降車ボタン(レシップ製 KSP-040)を手に入れたと はしゃいだ ばかりですが、本日、ついに一番欲しかった形の降車ボタンを手に入れました!

↓届いた箱。


↓箱の中に箱。まさかこの中も箱!?


↓ついに感動の御対面!!



↓キター!! このタイプを探していたんです!!


 この降車ボタンは オージ製 WS-20 だそうです。自分がまだ幼かった十数年前、親戚の家に行く時によく利用した東急バスで出会って以来、虜になった降車ボタン!サンタクロース(の中の人)に欲しいと強請ったりもしたボタン…。十数年もの時を経て、これは正しく“季節はずれのクリスマスプレゼント”です。ひやぁ~嬉しいわァ嬉しいわァ、何だかとっても嬉しいわァ~!!


↓先日ゲットした レシップ製 降車ボタンとの2ショット!

  レシップ製と比べてオージ製は若干小ぶりのようです。


↓再度 手に持ってみた!


 いやはや、実に良い!!長年捜し求めてきた降車ボタン(しかも4個ゲット!)なだけに嬉しくて嬉しくて溜まりません!! まずは御紹介まで!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

降車ボタン ゲットへの道 その1

 以前当ブログでも紹介しました、バスの降車ボタンのうちの一つが中古パーツリサイクルショップで販売されているのを知って、商品についてショップに問い合わせの末、即行注文しました。その注文した降車ボタンが本日届いたので、ちょこっと紹介します。

↓届いた箱。
デカい…。


↓中身、ちっちゃ!当然ですけど(笑)


↓そしてこれが今回ゲットした降車ボタン2個!


 降車ボタンについて記載のサイト (こちら)(こちら) 及び 裏面の記述 から、レシップ製 KSP-040 のようです。このタイプは幼い頃 実家周辺を走る静岡鉄道バス車内に取り付けられていました。全国的に普及したと噂の ナイルス部品会社製 降車ボタン の後継器として使用されていたようです。その後、近所を走る静岡鉄道バスでは オージ社製 WS-220 の降車ボタンへと受け継がれるワケですが…それはまた機会があれば お話しします(笑)

これ、今後点灯させたり出来れば良いなァなどと思っています。まずはゲット祝いという事で!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタトレ制服への道 その2

 母親に丸投げ下請け(?)に出していた「宇宙大作戦/スタートレック」の制服の“一部”が完成。物が自宅に届いたので紹介します。今回は宣材用衣裳なので脇の部分までしかありません(商品などの詳細については決定次第 発表する予定です。今しばらく お待ち下さい!)。 ブレードの材料は購入しましたが、制服用の布地(今回は青色)は母親の商売品材料の余りを提供して頂きました。布地代が浮いて良かった良かった。

↓これが完成した制服(の一部)


ちゃんと袖口に縫い目が出ないようにして欲しいという要望にも応えて頂いたようで、感謝感激です。 そして、自分が途中まで縫って断念したブレード全部解いて縫い直したとの事。いやはや、申し訳ない…。 ただ、私の採寸ミスで腕周りが少しキツめになっています。う~ん、言われた通りに測ったと思ったんだけど間違えてたみたい…。 まぁ、どうしても気に入らなかったら解いて縫い直してくれるとの事なので、ホッと一安心。 とはいえ、宣材に使う程度なら許容範囲、十分な出来だと思います。満足満足!! 我がママンに感謝感謝です!!


↓衣裳を身に着けてフェイザーを持ってみた


↓船に連絡しなければ…!


 後は背景用のテキトーな布地を買ってきて写真撮影です。うまくいくと良いなァ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタトレ制服への道 その1

 一部の方は御存知かと思いますが、諸般の事情で「スタートレック/宇宙大作戦」の制服の“一部”を自作する事にしました(詳細が決定次第 発表する予定です)。

が!

 某サイトにて60年代に実際に撮影に使用された制服やスタトレ第3テレビシリーズ/ディープ・スペース・ナインのエピソード「伝説の時空へ」及び第5テレビシリーズ/エンタープライズのエピソード「暗黒の地球帝国(前後編)」の撮影に使用された制服の写真を発見するも、
シーズンごと、また、制服ごとに袖口に縫い付けてある金色のブレードが異なり、頭を悩ませました。

 また、ブレードの再現をするのに、
2種類のブレードを巻きつけているのですが、これが実に面倒!!

 結局、写真のように途中まで縫い付けたものの嫌気が差し、紙で完成イメージを作成して材料と共に実家へ郵送、
母親に丸投げしました(爆)


↓途中まで自分で縫ったブレード。
巻付けピッチがテキトーすぎ…orz


↓紙製の完成イメージ。ここで初めて巻付けピッチを決定。
  最初からこうすれば良かった…orz


↓紙にブレードを載せて完成イメージを確認


 下請け(?)の母親も電話で「ほんと縫い付けるの面倒だったよぉ~。」と溢していました。それにしても、こんな おバカな依頼にも対応してくれるなんて、ステキすぎるよ ママン!

 そういえば思い出したけど小さい頃、地区の お祭りで何故か
「水戸黄門の格好がしたい!」と母親に強請った事があったなァ。それを受けて「えぇ~~~~しょうがない子だねェ」とか言いながら「水戸黄門」の再放送をビデオに録ってネックであったモンペの構造を研究して製作、一式揃えてくれた事がありました。学生時代に自主製作した「江戸を斬るII~VI」のオマージュ作品「江戸を斬れ」シリーズの時もビデオ映像から紫頭巾の衣裳を作ってくれたり…ほんと、感謝しております。

 そうそう、それとは別に、またまた小さい頃、
「スターウォーズ」に登場する宇宙船・ファルコン号の玩具を作ってくれって父親に強請った事もあったなァ。そん時、パパンは一体何を考えたのか、曲線で構成されているファルコン号を合板からノコギリ一本で切り出そうとしておりました(爆)案の定、ファルコン号は“正多角形”になり、幼心に「…なんだかなァ」と思ったのを記憶しております。しかも、操縦室は円筒形ではなく直方体、似ても似つかない構造で、大きさも畳半畳ほどもあり、子供はおろか、大人でさえも持って遊ぶには困難な代物でした(爆笑)

 自分が多少なりとも手先が器用なのは母親譲りかなァ~と、そういう意味では良かったなァ…と父親には申し訳ないけど思ってしまう今日この頃です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節はずれのクリスマス

 幼い頃、バスの降車ボタンに憧れたもので、クリスマスのプレゼント、サンタさんに「バスの降車ボタンが欲しい」とお願いしてサンタさん(の中の人)を困らせた事がありました(笑)

 特に親戚の家に行く際に毎年のように乗車していた東急バスに当時使用されていた、ボタン部分は勿論のこと全体的に丸っこいデザインである
オージ社製 降車ボタン WS-20(写真1枚目)が好きで好きででたまりませんでした。

↓これが大好きなオージ社製 降車ボタン WS-20

静岡鉄道や神奈中で使用されている ナイルス社製 降車ボタン(写真2枚目)も それはそれで好きでしたが、上京しないと滅多に拝めない故の物珍しさ、憧れというのもあったのかもしれません。

↓ナイルス社製 降車ボタン

 その後、東急バスにおいても WS-20 からボタン部分に文字が書かれているWS-220(写真3枚目)に変更になってショックを受けた記憶があります。ブザー音も「キーッ!!」から「ピンポン」に変わったのもショックでショックで…。

↓オージ社製 降車ボタン WS-220

 とはいえ、WS-220のタイプも それはそれで「なかなか良いデザインじゃん♪」などと降車ボタンへの想いは募るばかり。

 ついには
小学校の自由研究で鉛を溶かしたりして降車ボタン(パチモン)を作ったりもしました。電子工作の知識がない中での製作なので、点灯用スイッチとチャイム用プッシュスイッチの2つを同時に押せるカバーをつけて完成としました。田舎の学校だったもので、同級生から即行弄くられまくり、1週間程度で御釈迦になりました(涙)

 そんな変(!)な幼少期を経て、現在。情報化社会が進み、ごく稀ではありますが降車ボタンが廃棄品として出回る事も。一時期 某オークションでオージ社製 WS-20 や WS-220 が出ていた事もあり、欲しいぞ!!と思った事もありましたが、
慎重になりすぎて悩んでいるうちに終了してしまうという悲しい出来事があって以降、これらのタイプの出品が ピタッと なくなってしまいました…。やはり、こういう時は衝動的感情で即決すべきですね。チャンスを逃すなんて勿体無い…。

 先日、異なるタイプではありますが静岡鉄道や神奈中で使用されていた ナイルス社製 降車ボタン を偶然ネットで見て以降、
降車ボタン熱が再燃してしまいました。

誰か、オージ社製 WS-20(写真1枚目) 及び WS-220(写真3枚目)、下さいぃぃぃぃ~!!

っていうか、
何だかんだでメーカーを問わず降車ボタン自体が好きなんじゃないかと思う今日この頃です(笑)


以上、降車ボタンに関する お話でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »