« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

宇宙大作戦 日本独自OP

 「スタートレック/宇宙大作戦」日本初放映時の日本独自オープニングは、80年代の関東地区再放送時に第2シーズン オリジナル版の物に差し替えられて以降、日の目を浴びる事はなく、現在確認出来るのは「宇宙大作戦」第3シーズンLD-BOX付属の解説書か、「宇宙大作戦」DVD-BOX付属の解説書「「宇宙大作戦」読本」の 掲載画 程度のようです。ただ、DVD-BOX付属の解説書は、LD-BOXの解説書と同じ掲載順序で掲載されております。ちなみにLD-BOX以前に発売された「スタートレック/ビジュアル大研究」を以前、当時交流のあった知人に見せて頂いた事がありますが、LD及びDVD解説書での掲載順序とは異なり、また掲載されている画の数も若干異なるようです。ページ数などの制約もあり、全コマを掲載する訳にはいかないと思いますので仕方がないと思いますが、同時期に放映された「スパイ大作戦」の日本独自OPは現存していてLD-BOXや吹替完全版ビデオ版に収録されている(DVDでは未収録)というのに、何か悲しいですよね。一部、「スタートレック/宇宙大作戦」の日本独自OPのビデオを お持ちの方もいらっしゃるようですが、非常に羨ましい限りです。はぁ、もし自分の手元にあれば時間をかけてでもコマごとに修正をして綺麗にするのにぃ…(苦笑)

↓本家、日本独自OPに私なりの解説をつけてみました

右上にフラッシュ
そこから光線登場!

右上→左下に光線が流れます
当初、アニメーションなのかと思ったのですが、製作時に それほど時間をかけるのか疑問になりました。やはり花火かなぁと思っています(グラインダーで鉄を削る様子を撮影なんて面倒な事はしないと思いますし…苦笑)
詳細は不明ですが、
どうやら光線が消える前に
左上→右下 の光線のカットが
入るようです。
どうみても上の画とこの画の光線が合わないのでやはり花火なのでしょうか。
ここで、綺麗な破線を描く花火。ところで、2つ上の絵と比較すると 右上→左下 の光線を左右反転したものに近い光線があります。もしかしてページ数の制約で削ったけど実は左右同じ映像素材だったりして…?
手前に光線が向かってくるカット。これは花火では再現出来ませんでした。

黄色い塗料を落下させた様子を下から撮影したらこれに近い形にはなりましたが…真相は不明です。
ここから邦題表示部分です
白青切り替える事で
フラッシュ感を演出します
でっかい輪が登場。
何故か「S.0401年」の表示。
掲載順序をうっかり
やっちまった的なノリだと
思うんですが…
真相は不明です。
そして、ちっちゃい輪。
「S.0401年」の表示がある
ことから、「S.0401年」付の
邦題が表示されたあとの
カットであると推測します。
輪が徐々に大きくなって
いきます。
ちなみに このカーク船長の
シーンは「恐怖のビーナス」
のものです。
ワイプから全画面にカーク船長。
で、「S.0401年」付 邦題表示。
これ、ちょっと不自然な感じがするんですよねぇ。それに、「ビジュアル大研究」の時と掲載順序が違う気がするんですが…真相は(以下略)
ここで乗組員紹介。確か「ビジュアル大研究」だと、「恐怖のビーナス」ブリッジシーンの画が掲載されておりました。その画がある事で恐らく、「こちらエンタープライズ」云々の乗組員紹介を自然に見せようという意図があったのだと推測します。
「宇宙人のスポック副船長」

紹介の仕方が…云々と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、私としてはスポックは(というか我々自身が)宇宙人に違いはないと思うので問題はないかと思っております(笑)
「我々のマッコイ」

少し紹介に困った感があります
(苦笑)
「ミスター加藤とウラ少尉」

ついに補足説明がなくなった…
いや、上の画の「我々の…」からずっと “and” で繋げていこうという戦法なのかもしれません(笑)
そして その戦法通りにいけば
「(我々の)チャーリーとジェニー」

という感じ。

でも ここでは
「チャーリーとジェニー」
乗組員紹介が終わったところで
謎の生物のカット。恐らく後の宇宙シーンに切り替えるためのアイキャッチ的なノリだと思われます。
ただ…一瞬とはいえ、雰囲気からして数コマの動きがありそうな予感がするんですよねぇ(苦笑)
そして最後に宇宙シーン。

画の星の位置からすると
恐らく第1シーズンOP冒頭の
ものと思われます。

 初放送当時を知らない我々世代でも、“歴史的映像資料”という観点から観てみたいという人もいると思うんですよねぇ。という事で、どんな作品でも、過去の作品をメディア化する際は、そういう視聴者心理も考慮して頂きたく思います。えっと…何の話だっけ??(苦笑)

 そうそう、数年前に即席ではありますが、「スタートレック/宇宙大作戦」日本独自OPを素人ながら再現したものが今回発掘されました。なお、乗組員紹介のナレーションは代役です。花火シーンや塗料落下シーンなど、完成度・再現度としては非常に未熟ですが、予め御了承下さい。


再現ではなく、綺麗になった本家 日本独自OPを観れる日が来てくれる事を切に願っております。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

スタートレック45周年記念プロジェクト

 2011年11月5日(土)にスタートレック45周年記念イベントが東京・秋葉原であるようです。




 ちなみに私は金銭的な事情で当日行けるかどうかが かなり曖昧な状況です(涙) ただ、イベント内容は存じませんが、あくまで個人的に、単なる自己満足で企画案をここに掲載してみます(笑)


■日本初放映時の日本独自オープニングを上映

 一部のファンの方やスタトレ界では御馴染みの例の方が所有されていると噂の
「スタートレック/宇宙大作戦」日本テレビ初放映時の日本独自オープニングを上映してみる!

 これは是非とも観てみたいですねぇ。80年代のテレビ朝日再放送時に本国版に戻されたらしいんですけど…今では貴重ですよね。フジテレビで放映された「スパイ大作戦」とかは日本独自オープニングが現存していてビデオやLD-BOXに収録されている(DVDは未収録)というのに残念です。

 「スタートレック/宇宙大作戦」の日本独自オープニングは、私も花火や落下する黄色塗料を撮影して再現映像を作ってみた事はあるんですが、やはり本家とは違いますからねぇ。はぁ…もし私が本家の映像素材を持っていたら1コマずつ画像加工ソフトで綺麗にし直すのに…(涙)


■ イベント会場で宇宙肉じゃがを…

 とりあえずは原点とも言える最初のシリーズ「スタートレック/宇宙大作戦」に登場する
謎の4色食べ物を会場で振舞うなんてどうでしょうか。なお、自分が言うのも何ですが、宇宙蒟蒻(緑)の製作過程で青海苔を入れない方がクセがなくてより美味しいと思われます(苦笑)


↓「宇宙艦隊・謎の宇宙食べ物をつくろう」


 会場で宇宙肉じゃがを振舞うだけにするか、尺を稼ぎたければ料理ショーをやっても面白いかもしれません。その時のBGMは是非とも「金子信雄の楽しい夕食」で流れていた「Cook・クッキング」エッちゃん&ジュンちゃん(チェリッシュ)でお願いします(笑)

 とはいえ、
そんなに時間を割けねぇ~よぉ~という場合は、劇中同様マシュマロ版の宇宙食べ物をどうぞ(笑)


■ 矢島正明さんを呼ぼう!

 ギャランティー的な大人の事情は存じ上げませんが、もし可能であれば最初のシリーズ「スタートレック/宇宙大作戦」の吹替版でカーク船長役を演じられた矢島正明さんを御呼びしてみては如何でしょうか。


■ 1stパイロット版「ザ・ケイジ(「歪んだ楽園」)」の参加型アフレコ体験

 日本語吹替欠損部分のアフレコ体験を参加希望者を じゃんけんか何かで決めて実施。そこで、矢島さんが もしイベントに参加して頂けるのであれば、このアフレコ体験で
スポック役を矢島さんにやってもらう!なんてどうでしょうか。矢島さんは以前、他のイベントか何かでも語られていたように思いますし、「スタートレック/宇宙大作戦」DVD-BOXに付属の「宇宙大作戦」読本の特別インタビューにもありましたが、もし「スタートレック/宇宙大作戦」内でカーク船長以外の役を吹替えるならばスポックをやってみたいと話されていたのを、あえてここで真面目に捉えてお願いしてみる!(笑) とりあえず効果音は「スタートレック/サウンドエフェクト集」CD、BGMはサントラCDを使えば どうにかなるんじゃないでしょうか(笑)


 いろいろと考えてみましたが…何か…大した企画が思いつかない(苦笑) 積極的に活動されているファンの方の企画力って凄いんだなぁと改めて思いました。いずれにしても、ファン同士の交流する場が少ない印象の「スタートレック」で、このようなイベントが催される事は大変喜ばしい事だと思います。ファンの方にも色々な方がいて調整が大変だとは思いますが、是非とも実行委員会様には無理のない程度に頑張って頂きたいと思う今日この頃です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »