宇宙大作戦 日本独自OP

 「スタートレック/宇宙大作戦」日本初放映時の日本独自オープニングは、80年代の関東地区再放送時に第2シーズン オリジナル版の物に差し替えられて以降、日の目を浴びる事はなく、現在確認出来るのは「宇宙大作戦」第3シーズンLD-BOX付属の解説書か、「宇宙大作戦」DVD-BOX付属の解説書「「宇宙大作戦」読本」の 掲載画 程度のようです。ただ、DVD-BOX付属の解説書は、LD-BOXの解説書と同じ掲載順序で掲載されております。ちなみにLD-BOX以前に発売された「スタートレック/ビジュアル大研究」を以前、当時交流のあった知人に見せて頂いた事がありますが、LD及びDVD解説書での掲載順序とは異なり、また掲載されている画の数も若干異なるようです。ページ数などの制約もあり、全コマを掲載する訳にはいかないと思いますので仕方がないと思いますが、同時期に放映された「スパイ大作戦」の日本独自OPは現存していてLD-BOXや吹替完全版ビデオ版に収録されている(DVDでは未収録)というのに、何か悲しいですよね。一部、「スタートレック/宇宙大作戦」の日本独自OPのビデオを お持ちの方もいらっしゃるようですが、非常に羨ましい限りです。はぁ、もし自分の手元にあれば時間をかけてでもコマごとに修正をして綺麗にするのにぃ…(苦笑)

↓本家、日本独自OPに私なりの解説をつけてみました

右上にフラッシュ
そこから光線登場!

右上→左下に光線が流れます
当初、アニメーションなのかと思ったのですが、製作時に それほど時間をかけるのか疑問になりました。やはり花火かなぁと思っています(グラインダーで鉄を削る様子を撮影なんて面倒な事はしないと思いますし…苦笑)
詳細は不明ですが、
どうやら光線が消える前に
左上→右下 の光線のカットが
入るようです。
どうみても上の画とこの画の光線が合わないのでやはり花火なのでしょうか。
ここで、綺麗な破線を描く花火。ところで、2つ上の絵と比較すると 右上→左下 の光線を左右反転したものに近い光線があります。もしかしてページ数の制約で削ったけど実は左右同じ映像素材だったりして…?
手前に光線が向かってくるカット。これは花火では再現出来ませんでした。

黄色い塗料を落下させた様子を下から撮影したらこれに近い形にはなりましたが…真相は不明です。
ここから邦題表示部分です
白青切り替える事で
フラッシュ感を演出します
でっかい輪が登場。
何故か「S.0401年」の表示。
掲載順序をうっかり
やっちまった的なノリだと
思うんですが…
真相は不明です。
そして、ちっちゃい輪。
「S.0401年」の表示がある
ことから、「S.0401年」付の
邦題が表示されたあとの
カットであると推測します。
輪が徐々に大きくなって
いきます。
ちなみに このカーク船長の
シーンは「恐怖のビーナス」
のものです。
ワイプから全画面にカーク船長。
で、「S.0401年」付 邦題表示。
これ、ちょっと不自然な感じがするんですよねぇ。それに、「ビジュアル大研究」の時と掲載順序が違う気がするんですが…真相は(以下略)
ここで乗組員紹介。確か「ビジュアル大研究」だと、「恐怖のビーナス」ブリッジシーンの画が掲載されておりました。その画がある事で恐らく、「こちらエンタープライズ」云々の乗組員紹介を自然に見せようという意図があったのだと推測します。
「宇宙人のスポック副船長」

紹介の仕方が…云々と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、私としてはスポックは(というか我々自身が)宇宙人に違いはないと思うので問題はないかと思っております(笑)
「我々のマッコイ」

少し紹介に困った感があります
(苦笑)
「ミスター加藤とウラ少尉」

ついに補足説明がなくなった…
いや、上の画の「我々の…」からずっと “and” で繋げていこうという戦法なのかもしれません(笑)
そして その戦法通りにいけば
「(我々の)チャーリーとジェニー」

という感じ。

でも ここでは
「チャーリーとジェニー」
乗組員紹介が終わったところで
謎の生物のカット。恐らく後の宇宙シーンに切り替えるためのアイキャッチ的なノリだと思われます。
ただ…一瞬とはいえ、雰囲気からして数コマの動きがありそうな予感がするんですよねぇ(苦笑)
そして最後に宇宙シーン。

画の星の位置からすると
恐らく第1シーズンOP冒頭の
ものと思われます。

 初放送当時を知らない我々世代でも、“歴史的映像資料”という観点から観てみたいという人もいると思うんですよねぇ。という事で、どんな作品でも、過去の作品をメディア化する際は、そういう視聴者心理も考慮して頂きたく思います。えっと…何の話だっけ??(苦笑)

 そうそう、数年前に即席ではありますが、「スタートレック/宇宙大作戦」日本独自OPを素人ながら再現したものが今回発掘されました。なお、乗組員紹介のナレーションは代役です。花火シーンや塗料落下シーンなど、完成度・再現度としては非常に未熟ですが、予め御了承下さい。


再現ではなく、綺麗になった本家 日本独自OPを観れる日が来てくれる事を切に願っております。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

「大岡越前」 テーマ曲の変遷を考える

 先日、何の気なしに関東圏で夕方放送中の「大岡越前」第15部の再放送を見ていたら、山下毅雄 作曲・口笛のオープニング曲及びエンディング曲のアレンジが変更になっているのに気づきました。

 どちらかというと
西郷輝彦&松坂慶子コンビの「江戸を斬るII~VI」の方が好きな私は、真剣に「大岡越前」を見ていたわけではないのですが、今回の再放送を見て、テーマ曲のアレンジに違和感を感じずにはいられませんでした。というのも、リズムセッションが打ち込みになり、シンセサイザーを使用した、言ってみれば機械的な演奏に感じたからです。

 
個人的に馴染みのあるのは第1期と第2期で、その中で演奏的にも安定していて聞きやすいと感じた お気に入りのアレンジは長期間使用された第2期のものです。

 同じような事を感じた人は他にもいるようで、ネット検索していたところ、Wikipediaにも詳細が掲載されておりますし、ブログ でアレンジの変遷を詳しく解説されている方もおりました。それらの情報を基に再構成した「大岡越前」テーマ曲のアレンジの数々を御紹介します。


第1期:第1部~第6部(擬似ステレオは有志による)


※前半の主旋律は口笛が強調された初期バージョン


第2期:第7部~第14部


※前半の主旋律がバイオリンが強調されたものに変更される
※曲のテンポがアップする
※長期間使用されたバージョン


 このうち第9部及び第10部は、第7部~第14部まで使用された物の女声コーラスがないバージョンだったそうです。


第3期:第15部


※リズムセッションが打ち込み音源になったステレオ音源
※前半の主旋律はシンセサイザーによるもの
※後半の主旋律は口笛と女声コーラスによるもの


第4期:ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル
(最終回スペシャル/2分42秒~4分16秒)


※曲調・アレンジはオープニング第2期音源を意識した新録音
※口笛は放送前年に他界した山下毅雄に代わり、佐野博美が担当
※途中、女声コーラスが挿入されるロングバージョン
※エンドコーダも異なる



 第15部に使用されたバージョンは、最終回スペシャルでは
使用されず、変わりに第2期のアレンジを基に新録音したロングバージョンが使用されました。最初、私はロングバージョンが元々存在して、それを第2期オープニング用に一部カットして尺調整したのかと思っていましたが、よく聞くと微妙に異なり、また、単なるカット編集ではないのが分かります。楽器の種類や音質、アレンジは かなりの再現度で、よくここまで似せたなと関心したのを覚えております。

 ちなみに、私個人の考えではありますが、このロングバージョンは大半が新録音だと思いますが、イントロ部分を聞くとキハダ(「水戸黄門」など他の時代劇でも多様される、何かに注目を浴びせたいシーンなどにエコー処理をして使われる、ロバや馬の顎の骨で作られた楽器で、音を文字に起こすと
「クゥァァアアアアアアァァァァ~~~~~ッ」という感じの音になります。近年ではキハダの現代版とも言うべきビブラスラップと呼ばれる楽器が使われる事が多くなりつつあります。)の直後の、第2期では存在するはずの太鼓の音がなくなり、ステレオ独特の広がり感が増します。恐らく、イントロは第2期のを使用し、キハダ音の直後にフェードアウト(徐々に音を小さくする)。と同時に新録音のロングバージョンをフェードイン(徐々に音を大きくする)して繋ぎ合わせているのではないか、と個人的に考えています。とはいえ、未確認情報ですので鵜呑みにしませぬよう。

 最終回スペシャルで第2期のロングバージョンが新録・使用されたのは、ひょっとしたら、スタッフの皆様の話し合いの中で第2期が一番良いよねって話になったのかもしれませんね(苦笑) もしサウンドトラックCDが出たら
個人的には即買いなんですが…どうでしょう、製作会社様(笑)

 ちなみに余談ですが、「大岡越前」テーマ曲の女性コーラス(スキャット)を担当されたのは伊集加代子さんという方だそうで、他には「ルパン三世(第2期)」のオープニング曲で有名なコーラス「Lupin the 3rd~♪」も担当されていたとか。何気に凄いかも…なんて思う今日この頃です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇宙大作戦 1969≠2009

 さぁ~て、久しぶりの“真面目に”「スタートレック」に関する情報です。

 来年5月頃に映画「
スタートレック11」が公開されます。今回は、私のお気に入りである最初のテレビシリーズ「宇宙大作戦」(1966年~1969年放映)を題材にしていることもあって大いに期待すると共に、不安でいっぱいです。
 そんな中、来春公開の映画の一部のショットが公開されたので、その他のシリーズ登場時のものも織り交ぜながら、オリジナルシリーズとの比較をしてみたいと思います。

■まずは船の外観を…
 まずは主役船であるエンタープライズ号を見ていきましょう。
 これは1966年~1969年放映のオリジナル版「宇宙大作戦」のエンタープライズです。


 続いて30周年記念作品として第3シリーズである「ディープ・スペース・ナイン」(1993年~1999年放映)に登場した時のエンタープライズ。


 そんでもってエンタープライズと同型船であるデファイアントが登場した第5シリーズ「エンタープライズ」(2001年~2005年放映)。


 こう観てみると、「宇宙大作戦」以降のシリーズにおいても、表現方法は模型やCGなど様々ですが、いずれにせよ、過去の物が登場する場合、
出来る範囲で再現をして、シリーズとして統一性を持たせている事が分かります。

 それではいよいよ、来年公開「スタートレック11」のエンタープライズです。


…なにこれ(笑)


 ちょっと変えすぎちゃったかなァ~と個人的に思う今日この頃(^^;一部のコアな方には、最初のテレビ版と劇場版の間にあった
幻のテレビ版「フェイズⅡ」用に描かれたデザイン案のものに似ているなァ~という印象を受ける人もいるかもしれません。

それにしても違う気が…(^^;


■続いて内装へ…
 こちらが「宇宙大作戦」のブリッジ。全体的に明るい色調で構成されていて、とてもシンプルなデザインです。


 続いて「ディープ・スペース・ナイン」登場時。


 この作品では、「フォレストガンプ」方式で、実際にはその場にいない人同士を合成で共演させている関係で、再現という意味ではちょっと違いますが、一応セットは一部分が再現されています(1枚目の24世紀の人=坊主が制御盤を操作してるやつ)。


 そして「エンタープライズ」登場時。デファイアントはエンタープライズと同型船という設定のため、船内も再現されています。


 余談ですが、中央部にある操作盤は予算節約のため、ファン製作のものを借りて手直しして使用しているそうです。

 こう観てみると、
船内セットにおいても、30年以上前に製作されたオリジナルシリーズに出来るだけ近くなるように再現されています。


それではいよいよ「スタートレック11」版です。


 う~ん(^^;60年代のレトロフューチャーなデザインから抜け出し、確かに洗練されていて清潔感溢れる現代チックな仕上がりになっているかもしれません。ただ、オリジナル「宇宙大作戦」の時代かと言われると、個人的にはかなり違う気がします…。


その前に
何故、カーク船長が黄色の制服を着ていないのかが謎です(笑)


 いやはや、こうして観てみると今回の映画はちょっと怖いですねぇ(^^;これが今までのシリーズとは全く別物のリメイクという事であれば問題はなかったと思うんですよね。

 ただ、今回の映画には、オリジナルシリーズでスポックを演じた
レナード・ニモイが歳をとったスポック役として登場。若き日のスポックに(宇宙艦隊の基礎を築いた)カーク暗殺を企む者が居る旨を伝え、それを阻止する物語(…という噂。真相は不明)らしいので、オリジナルシリーズの役者は歳をとっているので代役で仕方がないにしても、美術セットや船の形まで変えないで欲しい!というのが、私個人の意見です。皆さんはどうでしょうか?

 と言っても、今更美術等を変更する事は出来ないでしょう。あとは
内容が良ければ良いかなァ~と思います。今までのファンの人も、それ以外の人も両方楽しめる作品に仕上がると良いですね!!

 鯨を題材にした映画「スタートレック4」みたいにね!
(まぁ、これは内容的に少し偏ってるように感じるけど…汗)

 あっ、もし興味を持たれた方はこの映画「スタートレック4」が入りやすいみたいですよ~。是非! レンタル店へGo!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

はじめに

 

はじめに

 

 『スタートレック』って何だろう?『スタートレック』を見てみようと思うんだけど、どんな話なの?

 『スタートレック』は、アメリカNBCテレビで、1966年から1969年にかけて3シーズンまで放映されたSFテレビドラマです。『スタートレック』の世界は23世紀。人類が月に到達してから400年(本当は200年)・宇宙暦0401年、地球連合政府・宇宙開発局(宇宙艦隊)に所属する宇宙船・エンタープライズ号が、人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立つというお話です。登場人物は、宇宙艦隊史上、最も若くして船長になったカーク、バルカン人と地球人の混血であるスポック、船医のマッコイ。その他、操舵手・加藤、技術主任・チャーリー、通信士・ウラ、ナビゲーターのチェコフなど、個性的なキャラクターが登場する。

 1966年当時はSFに関心がある人は今ほど多くはなく、視聴率低迷で、また特撮シーンのコスト高のため、3シーズンで打ち切りとなった。しかし、放送終了後、ローカル局などにフィルムが売られ、再放送されるにつれて人気が出てきて、そして1969年には人類最初の月着陸船・アポロ11号が月面に着陸したことから、宇宙を舞台にしたSFドラマ『スタートレック』が大ヒットするのであった。
 ここに目をつけたパラマウント映画は、「映画化できる」と考え、現在まで10作に及ぶ劇場版が製作された。そして、テレビシリーズも最初のオリジナルシリーズ以外に4シリーズ製作された。

 このホームページで取り上げている『スタートレック』は、シリーズ原点とも言うべき最初のオリジナルシリーズである。日本では1969年から1974年に日本テレビ・フジテレビ系列で『S.0435年宇宙大作戦』『宇宙大作戦』『宇宙パトロール』という題名で放送された。

※ただし、一部地域では『新・宇宙大作戦』という邦題で放送された。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の宇宙船へ

 

伝説の宇宙船へ



 私が「宇宙大作戦/スタートレック」のファンになり、あの有名なエンタープライズ号に乗船する事になった経緯を語るには、1960年代にタイムスリップし、1世代前の話をしなければなりません。


 当時、
私のは高校生。日曜日の夕方、日本テレビ系列で「S.0401年 宇宙大作戦」という番組がやっていて、たまたまそれを見た
親が「面白い!」と思い、毎週見るようになりました。それから何年も経ち、結婚して、静岡に引越しすることに・・・。

 私が
保育園に通っている時でした。当時、静岡では深夜、けんみんテレビ(現=静岡朝日テレビ)で「宇宙大作戦」を再放送?していました。その時、高校時代にそれを見た事のある親はもちろんビデオに録画。そのビデオを私が見る
・・・という形で私はまず、宇宙艦隊に入隊(!)する事になるのです。

 
物を作ることが好きであった私は、小学生になると、工作クラブに入りました。そして、バルサ素材(木材)で、エンタープライズ号の模型を作ったりました。そして一番嬉しい事が起こるのです。「宇宙大作戦」のLD化です!!その情報を手に入れると、すぐに親にねだりました。「LD買ってぇ~!」・・・答えは「だぁ~め!」。当然です。LDはBOXのみの販売で、第1シーズンだけで定価:7万円
もしました。
期間限定生産ではありましたが、しょうがなく諦めました。

 
中学生
になると、家族の中ではもう親を越して自分が一番のスタートレックファンになってました。
東京・秋葉原に出かけた時、小学生の時の記憶が読み覚まされました。なんと、期間限定生産であったはずの、あの
「宇宙大作戦」のLDが、売っているではあぁ~~りませんかぁ~!!ほしい!ほしい!!何とかしてほしい!!!!・・・でも、第1シーズンはビデオ(1本9800円!)で発売されている。第2シーズンは親がビデオに録画したのがある。そういった考えで第3シーズン
を、お年玉を貯めて買いました!!もう感動でした、その時は!!・・・その時は。

 
第3シーズンは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ファンの間であまり評判が良くないシーズン
なんです(これは私が決めたことではありませんが)。内容も、カーク船長が毎回違う女の人と!という感じで、正直、内容はイマイチでした。
でも、初めて登場するクリンゴン船を見れたりして、自分の中では満足でした!しかも映像が鮮明できれい!!
音声もグッド!!これを見ちゃったら、第1・第2シーズンも集めないわけにはいかない!!・・・その為に、
数年間分の御正月のお年玉を費やした
のは言うまでもありません。

 ただ、そんなLDにも欠点というものがあります。テレビでは日本語音声(補い)があったのに、その部分がカットされた部分として英語に切り替わったりする所があるのです。(昔の海外ドラマは、放送時間枠の違いの関係でほとんどのものは日本でカットしている)
あと、これはオリジナルマスターテープの問題で、「怪獣ゴーンとの対決」の一部の映像がすっかり消えて編集されているという事です。これにはショックでした(後に発売された「宇宙大作戦・完全版」ビデオでは復活してます)
LDで第1シーズン「宇宙の帝王」を見た時は、若いカン(!)を見る事が出来てとても嬉しかったです。たまたま私の家にはこの回のビデオがなく、私は「スタートレック2/カーンの逆襲」しか見た事がなかったので、見れて本当に嬉しかった!!結局、TV版のLD-BOXを全て揃えました。こうして、エンタープライズ号に乗船(?)する事を認められたわけですが、私に新たな任務が!!

 「・・・劇場版は?」そうそう、まだ劇場版(1~6)の日本語吹替版LD-BOXが残っていました。
このBOXももちろん揃えました♪しかし、残念なことが!!4作目以降、全て声優さんが違うのです。
もちろん、原語版で見るのも好きです。しかし、日本語版に親しんでいる私としては、オリジナル声優バージョンで見たかったです。確か、4は新録音されたのがあったはずだけど・・・。すべて初放映版の音源を使用したLDでした。でもこれはこれで楽しめたので、購入して本当に良かった!・・・ちょっと紹介が入ってしまい、予定のコースをそれてしまいました。コース変更!

 もうひとつ。中学時代も、クラブは小学校時代と同様に物を作るクラブに入り、エンタープライズ号のブリッジの模型を作りました!しかし、ベニヤ板で作ったため、細かいところを再現できず、残念な結果に終わりました。

 高校生の時は、「スタートレック」のファンクラブに入りました!ひゃっほい♪
そして、高校の部活は美術部に入りました。そこで中学時代に製作したエンタープライズ号のブリッジの模型の改造をしました。
・・・というより、新造?この時はベニヤ板をやめ、加工しやすいボール紙に切り替えました。しかし、中学時代に作った土台が設計ミスであったため、本物のように上手に作れず、結局未完成に終わっています。こうして、現在、私は大学生になり、どこか(?)で生活しています。←何せ宇宙空間なんで今何処にいるのか(笑)

 まぁ~、こんな流れで、エンタープライズのカーク船長に認められ、中尉にしてもらった(?)という事です。(ウラちゃん・加藤くんと同じ!)・・・全然、訳の分からない文章になってしまいましたが、この様にして、私は「スタートレック」のファンになりました。

・・・要約すると、
“親が「スタートレック」のファンで、一緒に見ていて自分もファンになった”という事です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)