殺陣用 演舞刀の製作

 かつて製作していた時代劇風現代劇の自主製作ドラマの続編用に出来のそこそこ良い演舞刀が欲しいなァと思ったのですが、竹光やジュラルミン等の演舞刀は高価で手に入りません(涙)

 という事で、
比較的安価に殺陣用を作る事が出来ないかと思い、普通の模造刀を分解し、各パーツの生産及び組立を行ってみました。いきなり通常の大刀に挑戦するのは気が引けるので、ひとまずセットでついていた小刀試験的に行う事にしました。

 …と思って挑戦してみたのですが、途中 失敗を繰り返したりもして
完成までに2年も経過してしまいました(爆) もしかしたらコスプレ用か何かで使われる木製模造刀を購入した方が安価なのでは?今更ながら思い、かなり落ち込んでおります…。でも、形状はこちらが気に入っていたので、ひとまず良しとしたいと思います。というか、そう自分に言い聞かせています(涙)

切羽はプラ板を加工。はばき、鍔、縁、柄、頭金は全てレジン製。刃 及び 鞘は木製です。


↓こちらが完成した演舞刀。

かなりハレーションを起こしてしまい それらしく見えますが、あくまで殺陣用、映像・写真推奨です(苦笑)


↓左は紫頭巾用演舞刀。紫色の組紐を巻いてあります。

 映像撮影を考慮し、また、微妙に手入れされていない真鍮っぽく見せるため、はばき(金色のパーツ)は塗装後、あえて つや消し仕上げにしました。美大卒の知人曰く「ここもテープを巻いて刀と同様、ギラギラに輝かせて金属っぽさを表現して欲しかった」との事でしたが、その場合は刀身の部分と はばきの部分の差が明確にならず、しかもギラギラ輝いている部分が多くなり かえってチープに見えそうな予感がしたので、このようにしました。


↓柄の部分

 柄の色は、原型では灰色だったのですが、水戸黄門等の時代劇を参考白色にしました。アイボリーの方が良いかなとも思いましたが、塗装が剥げても樹脂が白色なので目立たないかなァと思い、白色にしました。

 某サイトの柄巻きの方法を参考に巻いてみました。元となる模造刀分解前に撮った写真と、サイトを参考に巻いたのですが、
どうやら1回余分に巻いてしまった模様(汗)とはいえ、殺陣用なのでこれで良しとしよう!


↓鞘の紐を通す部分はレジン製。


↓複数本 並べた様子

 やっぱり、独りで複数本作るのはキツかったです。


↓鞘に収めた様子

鞘は一つ一つ手作業による製作なので、出来にバラツキが あります(苦笑)


↓生産途上の各パーツたち(一部)

 これらのパーツ生産当時はシリコン型製作に初挑戦した頃で、空気穴の方向性等を無視して型を作っていたため、チラホラ大きめの気泡が入っています(汗) 目立たないかなァと思いつつ、何気にパテ盛りしたりするあたり、自分って神経質だなァと思っては落ち込んでおります…。いやはや、ほんと自分の技術が未熟で御恥ずかしい限りです。


↓はばき

 当初、低融点金属版も作ってみたのですが、私の技術が未熟故に断念し、レジン製としました。この方が微加工もし易いですし…(涙) 元となる模造刀のはばきは、縁や頭金と同じ色でしたが、“昔の時代劇”の演舞刀を目指しているので、あえて真鍮色っぽい金色を施しました。


[問題] この中に1つ、元となる模造刀についていた金属製の縁があります。
     さて、どれでしょう(笑)

 これらの縁は 金色に塗装後、黒色アクリル絵の具で汚し塗装を施しております。金属の感じを表現するのに つやあり仕上げの方が好ましいのかもしれませんが、映像撮影を考慮して、あえてつや消しにしました。

で。

問題の答えですが、一番右側にある縁が本物です(笑)


↓刃の造型 及び 仮組みの状態

 刃は木製。ホームセンターの工房でジグソーを借りて この形に加工、帰宅後に鉋で削って形を整えています。その後、一部パテ盛り 及び ペーパ掛けを行い、最後にアルミテープを貼って完成です。もはや量産作業から自作になっているという(笑) ちなみに鉋は 上写真のように置かないように注意しましょう!底面にある刃が欠ける恐れがあります…これは悪い お手本という事で…(苦笑)


↓木製の刃にアルミテープを貼っている様子

 刃の部分については塗装の方が恐らく完成度は上がるかと思いますが、殺陣用の為、メンテナンス等を考慮して、あえてアルミテープを貼る事にしました。昔でっち上げた模造刀では100円ショップで購入したアルミテープを使用しましたが、今回は手に入らず、ホームセンターで購入した高価なものを使用。でもこれ、かえって粘着力があり過ぎて若干作業しづらかったです(涙) はみ出たアルミテープはデザインナイフで取り除きます。アルミテープの繋ぎ目を可能な限り目立たせないようにするため、面積の小さい側面で重なるようにしています(説明下手でスミマセン…)。


↓一通り出来たパーツたち

上写真・中央、左から、はばき、切羽、鍔、縁、頭金、目貫、柄。(名前、かなり うろ覚えです、違ってたらスミマセン!)

 上写真・下の紐は、ネットで購入した組紐。いくら量産を検討しているとはいえ、ちょっと多すぎ(苦笑) 1反(50 m 巻)単位でないとダメって言われたので、とりあえず1反ずつ購入しました。右の紐は紫頭巾用の組紐。実はこれを購入する前に、ハンズで買った
白色の組紐を紫色に染めてみたんですが、かえって手間が掛かるので、ネット再検索の後、こちらを採用しました(汗)


↓ちなみに紫組紐・染めてみたバージョン

 なんか…染めている最中の様子って見様によってはグロテスクですよねぇ。私、ホラーとか苦手なので この作業は あまり良い気持ちは しません(涙) まぁ、苦労して染めた甲斐があって出来は まぁまぁ だったんですが、紫というよりは赤が強く出てしまい、映像を通すと赤色に映ってしまうのが ほぼ間違いありませんでした。また、一度に染められる量にも限りがありますし、万が一、組紐を追加生産するとなった場合、常に同じ染色に保つ事が出来るのか心配だったので、今回はボツとしました。

 最後に、演舞刀を複数製作したのは良いのですが…置き場に困り、また、積み重ねて置いたら破損しそうだったので、思い切って無駄に専用の収納箱を作ってみました。


↓こちらが完成した収納箱(上箱は外しています)

 何だか…収納箱を作ったせいで余計に置き場に困るという(苦笑)でも、少なくとも演舞刀の損傷は防げると思いますので良しとします。ただ、肝心の演舞刀を作ったは良いけど、今後 自主製作ドラマの続編を作る機会が あるのかが微妙になってきました…(汗) しかもこれ小刀で、実際に殺陣シーンの撮影で使いたいのは大刀ですし…(爆) でもまぁ、何となく製作工程の感じは掴めたので、大刀の製作も いつか!(もはや持道具を作って完成させた事の達成感で お腹いっぱい…苦笑)

※ 本記事で掲載した殺陣用演舞刀は あくまで個人的製作を目的としており、
  販売等は一切 行いませんし、出来ませんので予め御了承下さい。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

「江戸を斬れ」金庫シーン 5年目の修正

 2004年~2005年にかけて製作した自主ドラマ「江戸を斬れ」は、低予算のため金庫自体は縮小模型を製作(しかも海外SFドラマ「新スタートレック」に登場する“ボーグ・キューブ”並みに見える3面だけ製作!)、撮影に挑んだのですが、初公開当時 時間の関係で操作盤を操作する“手”を合成・追加する事ができなかったので、今回水面下で進行中のテキストコメンタリー付きDVDリニューアル製作(単なる自己満足)に伴い、5年経過した今、“手”追加してみる事にしました。

ちなみに、このシーンに登場する金庫は、私のお気に入りである海外SFドラマ「スタートレック/宇宙大作戦」を意識した作りになっています。

 「操作盤を操作する手が変!」と違和感を覚える方がいるかもしれませんが、これは「スタートレック/宇宙大作戦」に登場する 操舵手 ミスター・加藤 を意識しています。加藤は劇中でよく人差指・中指・薬指の3本で操舵席のスイッチを押すんですよねぇ~(マニアックでスミマセン!)。

 合成技術が未熟でお恥ずかしいんですが、そんな中でも今回は“手”の影もつけてみました。やっつけ編集ではありますが、影があるのとないのでは違うんだなァ~と実感したりしました。


※当紹介作品は非営利目的の製作であり、著作権所有者の権利を侵害する意図はありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「江戸を斬れ」 各話の紹介

 この物語は、名奉行“遠山の金さん”こと、遠山左衛門尉影元を祖先に持つ青年判事・遠山金四郎と、水戸財閥令嬢でありながら夜な夜な紫頭巾として悪を斬る 水戸ゆき、そして 鼠小僧・次郎吉を祖先に持ち、金四郎の説得により盗人の道から足を洗った陶田次郎が繰り広げる時代劇風現代劇です。本作品は、私のお気に入り時代劇の一つでもある、西郷輝彦主演「江戸を斬るⅡ~Ⅵ」の設定を現代に置き換えた リ・イマジネーション ドラマ でもあります。

 私は、「スタートレック」などの海外ドラマの他に、小学生の頃から時代劇にも興味がありました。そして その頃からビデオカメラ片手に様々な映像を撮って遊んでいましたが、そのほとんどが未完成のままで終わりました。私は大学生になった2003年、幼い頃に思っていた
「一度は映像作品を作り上げたい」という想いを現実にしようと、この作品を作り上げました。本作品は 技術的に未熟だと思われる箇所が多数存在しますが、「作品を作り上げる」という事に重点をおいておりますので、大目に観てやって下さい。

また、ミクシィ上に製作コミュニティがございますので、そちらもご参考下さい。
ミクシィ『江戸を斬れ』コミュニティ


以下、「江戸を斬れ」シリーズ各話の紹介です。動画をクリックすると予告編を見ることができます。

第1話「江戸を斬れ
脚本:ひろし 演出:ひろし 監督:ひろし

◆ストーリー◆
 鼠小僧・次郎吉の子孫である次郎が、大企業である漫材商事に盗みに入る。次郎は漫材商事から盗んだ、企業の不正事実を表す書類を人影があまりない公園で見ているところで金四郎に見つかり、説得され、金四郎に資料を渡すのであった…。
 しかし結局のところ、盗んだ資料は全部偽者であった。金四郎は鼠小僧の子孫である次郎の腕を買い、漫材商事に忍び込んで調査するように命ずる。その間、金四郎は町で不良に絡まれている女性を救うが、その現場を見ていた漫材の手下に連れられ、漫材商事の社長・漫材の元へ向かう…。

製作期間:2004年06月01日~2005年02月01日
初公開日:2005年02月01日(製作関係者のみ)


第2話「漆黒の嵐に桜舞う」
脚本:ひろし 演出:ひろし 監督:ひろし

◆ストーリー◆
 ゆきの妹・千代は、彼氏である加藤精二の家を尋ねた際、加藤が殺される現場を目撃してしまう。そして千代に顔を見られた犯人は、思わず千代を誘拐してしまうのであった。
 翌日、ゆきは千代が家に帰らないことを心配して金四郎に相談をする。それと同時に、加藤精二が殺された事実、千代誘拐に関した脅迫状が届いたこと、更には加藤は世界的に有名な大企業・西山建設で働いていたことを伝え、西山建設絡みの何らかの事件に巻き込まれたのではないかと考えるのであった。
 果たして金四郎とゆきは無事、千代を悪の手から取り返すことが出来るのだろうか?

製作期間:2004年06月01日~2005年11月02日
初公開日:2005年11月03日(大学祭にて公開)


第3話「次郎吉名推理!悲しみの密室殺人」
※「江戸を斬れⅡ」第1話として公開

脚本:軍曹 演出:ひろし 監督:ひろし

◆ストーリー◆
 大学演劇部でアクション監督を務める旧友・綾小路から殺陣指導の依頼を受ける次郎吉。金四郎・ゆきの後押しもあり、依頼を受けることに決める次郎吉であるがその時、演劇部・部室内で密室殺人事件が起こる!果たして次郎吉は犯人を見つけ出す事が出来るのか?

製作期間:2006年08月25日~2006年10月30日
初公開日:2006年11月01日(大学祭にて公開)


第4話「金四郎危機一髪!!ゆきの復讐」
※「江戸を斬れⅡ」第2話として公開

脚本:ひろし(白井木砂真也 名義) 演出:ひろし 監督:ひろし

◆ストーリー◆
 金四郎の家で二人仲良く食事をする金四郎とゆき。そんな中、ゆきが宅配業者を装った何者かにさらわれてしまう。必死に捜索する金四郎と次郎吉。まもなくゆきは無事に戻るが、性格が別人となり、金四郎の命を狙おうとまでする。一体、ゆきに何があったというのか?

製作期間:2006年08月25日~2006年10月30日
初公開日:2006年11月01日(大学祭にて公開)


第5話「猫のいぬ間に鼠は踊る。」
※「江戸を斬れⅢ」第1話として公開

脚本:江戸を斬れⅢ製作委員会 演出:森林みどり 監督:森林みどり

◆ストーリー◆
 茅葺マイクロメディアが新技術を開発した!社長の茅葺は、同様にマイクロメディアの研究・開発を行ってきた杉田電工を買収する計画まで打ち出した。
 茅葺マイクロメディアに吸収されることを恐れ、金四郎に救いを求める杉田。そんな中、茅葺の不正に気づき、内部告発しようと試みる萩原は次郎吉に相談するも、茅葺の手に落ちてしまう。このままでは萩原の命が危ない!
 果たして、金四郎、ゆき、次郎吉は萩原を救い出し、茅葺の不正を暴くことができるのか?

製作期間:2007年08月24日~2007年10月31日
初公開日:2007年11月01日(大学祭にて公開)


※当紹介作品は非営利目的の製作であり、著作権所有者の権利を侵害する意図はありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)